厚木山歩会の歩み

 厚木市には「明るく楽しい元気な厚木はスポーツから」というスローガンの下に厚木市体育協会が組織されています。何時でも、誰でも、何時までも、気軽にスポーツを楽しむことのできる環境づくりに取組もうと各種のスポーツ団体が活躍しています。

 この趣旨に賛同した山好きの仲間たちが1962年に厚木山岳協会(現在の厚木市山岳協会 以下厚山協)を組織し、厚木市体育協会に加盟。当時は職域山岳会が盛んな時代で、地域内山岳会とともに厚山協を構成する大きな組織体でした。

 しかしその後、時代の流れで職域山岳会が徐々に減少し、加盟団体も急減してしまいます。その結果、厚木には中高年で山に魅力を覚える人々が所属する組織もなく、一方でこの時期中高年の山の事故も急増しました。このような相反する事象に心を痛めた厚山協のメンバーは、中高年を主体にした「安全で楽しい山歩き」のできる組織が必要と痛感し、新たに山歩きの会を結成しようとの考えに至ります。

 1990年の秋、中高年を主体とした新たな山の会を結成すべく会員を募るとその反響は大きく、年内には138名もの入会希望者が殺到し、翌1991年4月に「厚木山歩会」が誕生しました。

 このニュースは読売新聞をはじめ多くのマスコミで度々報じられ、「中高年対象の山歩きの会」「初心者に登山の楽しさを」「花や山野草を楽しむ」「厚木山歩会の魅力!」等々永らく紙面を賑わすことになりました。

 当然厚山協には直ちに加盟し、厚山協を通して厚木市体育協会および神奈川県山岳連盟に加盟しています。

 発足当初の懸案事項は事故防止です。会員には多くの初心者がいますので、まず安全研修会・勉強会を頻繁に行い、山の知識やマナー、基礎的技術指導を机上や周辺山域のハイキングで繰返し進め、また経験のある会員は県岳連等が主催する研修会・講習会に参加し、全体のスキルアップを図りました。

 2~3年後にはアルプス縦走にも多くの会員が参加するようになり、一応山岳会としての体制が整い、会員もそれぞれ目的を持った山域を目指すようになったのを機に、山行形態を定例山行と個別山行とし、定例山行はスキルアップと親睦を図る目的で、個別山行は同じ目的・目標を持った会員同志で更なるスキルアップと山を楽しむことを主体に実施することにしました。この定例山行と個別山行を両輪としてその後の厚木山歩会が発展することとなり現在に至っています。


トップに戻る

inserted by FC2 system