厚木山歩会の概要

・設立:1991年4月

・会員数:約100名(男性約45名、女性約55名)
    厚木市及び近郊に在住、在勤する山好き会員により組織されています。

・目的:安全で楽しい山歩きを実践することにより会員相互の親睦を深めるとともに、心身の健康増進を図ることを目的としています。

・山行形態:定例山行、班山行、個別山行があります。

   ①定例山行: ・当会の中心をなす山行 
・安全、マナー、登山技術の研修と会員相互の親睦を図るこ
とを目的としています。
・レベルによってA、Bがあり、それぞれ毎月1回実施しています。

  
   ②班山行:  地区班の親睦を図ることを目的
   ③個別山行: ・会員が立案、実施する山行
・緩やかな計画から定例山行レベル以上のより高度な山行まであり、登山技術のスキルアップと楽しさを求める山行です。
  ④SAN-SANクラブ:  ・定例山行のAレベルよりゆったりした会員の山行

 

・安全対策:

  ・遭難対策委員会を設置し、遭難対策基金の積立ても行っています。

  ・経験豊富な会員等で安全部会を組織して安全最優先で活動しています。


会創設以来大きな事故もなく推移していますが、今後も安全を最優先に楽しい山歩きを続ける所存です。


トップに戻る

inserted by FC2 system